Facebook Twitter Instagram

活躍中のOBより

72期 QB 泉 岳斗

仲間のために

あっという間に過ぎ去った高校生活を振り返ると、その思い出はアメフト一色です。もちろん学校行事にも参加し、勉強はある程度していたつもりです。それでも本気で日本一を目指し、毎日をともにした最高の仲間たちを超えるものはありませんでした。

泉写真

日本一を目標と掲げた以上、部活は甘いものではありません。アメフト推薦枠や人工芝など、環境的に西高よりはるかに恵まれている私立強豪校を倒そうとするにはそれ相応の覚悟が必要です。しかし相手が環境で恵まれていた分、自分は周りの人間に恵まれていました。自分は高校三年間を通じて多くの人間に支えられてきましたが、その中でもやはり最もお世話になったのは同じ覚悟のもと集まり、最後まで一緒に戦ってくれた同期たちです。入部当初は何も意識していなかったのが、毎日一緒に生活をしているうちに自然と自分の考えの軸となっていくのです。

仲間の存在が軸となり、自分自身が選手としてだけでなく人として成長できたと感じたのが高校2年の時でした。まずは春大会、その試合に勝てば関東大会出場となっていた状況で自分一人のミスで負けました。あの時流した涙は試合結果に対してではなく、全てが失望させてしまった仲間に対する申し訳ない気持ちからくるものでした。その瞬間に自分は二度と仲間を裏切らない、仲間のために誰よりも上手くなると決心しました。しかしここにアメフト部の真髄を感じる気付きがありました。チーム全員が同じように心を固め、一人ひとりがお互いのためを思うようになったのです。辛い時、苦しい時、信頼できて信頼されている仲間がいるからこそ頑張れる。人生でこんな仲間に出会える機会は多くないでしょう。春の敗北と屈辱を糧に一丸となって臨んだ秋大会、春負けたチームと再び関東決めという舞台で戦い、無事リベンジを果たすことができました。試合終了のホイッスルがフィールドに鳴り響いたあの瞬間は一生忘れられません。

泉写真

アメフトは楽なスポーツではありません。しかし高校三年間そしてその後の人生も悔いのないものにしてくれるのは確かです。自分は心の底から西高アメフト部で良かったと言えます。日本一という目標に向かって仲間とともに熱くなり、追い求め続ける中で成長と学びを得る。自分はこの経験を通して、将来どんな状況に置かれても仲間を信じて常にチャレンジ精神で戦える気がします。日々支え合い、競い合う仲間の存在は想像以上に大きいはずです。そんな仲間の気持ちを背負って戦う。そして勝つ。これ以上の快感はありません。アメフト部はかけがえのない仲間と思い出を与えてくれ、高校生活をとても濃く意味のある三年間にしてくれました。この仲間と経験を大事にし、残りのアメフトとその後の人生を歩んでいきたいと思います。

泉 岳斗 2012年、Dallastown Cougar Football でアメフトを始める。 2013年、地区選抜。 2014年、Dallastown Area Middle School 地区大会全勝。 2015年、世田谷ブルーサンダースで春秋全国2位。中学生アメリカンフットボール選手権優秀バックス賞。 2016年、中3関東代表敢闘賞MIP。 2017年~2019年、都立西高。 2017年、春季関東大会4位入賞。 2018年、秋季関東大会ベスト8。 2020年〜現在、京都大学。 (2021年現在)

70期 LB 大蔵 泰斗

何を得るために何をするか

大蔵写真

大学でアメフトをやりたい、そう思えたのは西高でアメフトをしていたからです。高校生活のほぼ全てをアメフトとアメフト部員に捧げて、自分にはアメフトしか残されていなかったと言うこともできますが、それでも西高でアメフトをしていなかったら今の自分はいないと思います。

僕がOWLSに入ったのは、先輩方の熱烈な勧誘があったからです。自分の全くわからないスポーツにそこまで熱狂できるんだ、というただの興味から始まりましたが、次第に先輩たちの熱意が自分にもわかるようになり、アメフト部に入ってからは本気でで勝利を目指すようになりした。週6日の放課後練習、毎日の朝練、昼練、授業の間に一生懸命食べて体重を増やし、練習後やオフもウェイトトレーニングをしました。施設がそろっている私立校を羨むこともありましたが、それでもやめずにこれらを続けることができたのは一緒に頑張っていた同期や先輩後輩がいたからだと思います。そうして頑張ってきた部活動も最後は大学附属校の私立に負けて儚く引退しました。僕はその多くの選手が進学する大学を倒すために、早稲田大学に入りたいと思いました。一浪までして早稲田に入りたいと思ったのはこの経験があったからで、僕の原動力となっています。

大蔵写真

OWLSでは卒業をした後も良い影響を受ける、必ず自分にとってプラスになる何かを得ることができます。僕にとってはそれが自分を負かした相手を倒したいという気持ちであっただけで、さまざまなことを得ることができます。もしかしたらアメフト部以外でもそれは得ることができるかもしれませんが、西高ではOWLSが一番適していると思います。OWLSに所属していた僕が保証します。ぜひ一緒にOWLSでアメフトしましょう。待っています。

大蔵 泰斗 2015年~2017年、都立西高。 2017年、春季関東大会4位入賞。 2017年 春季ハドルマガジン スーパースターハイスクール選出。 2019年~現在、早稲田大学。 (2021年現在)

69期 DB 滝井 陵介

人生を変えたアメフトとの出会い

滝井写真

「西高でアメリカンフットボールという競技に出会い、大学でもそれに打ち込んでいます。」過去に戻って高校入学前の自分にそう伝えても全く信じてもらえないでしょう。

私とアメリカンフットボールとの出会いは勧誘でした。中学で卓球部に所属していた私にとってアメフトは程遠いスポーツであり、そもそも入学時には存在すら知りませんでした。先輩方の熱い勧誘やどんな人にも活躍の場があるという競技特性に惹かれ、「なんか面白そう」と軽い気持ちでOWLSへの入部を決めました。そんな淡い希望や期待を裏切るように、何かに真剣打ち込んできた経験のなかった私にアメフトは多くの困難を突きつけてきました。ただその度に頑張ろうと思えるのは同期を始めとして同じ目標を目指す仲間がいたからです。結果的に私たちの代は関東大会出場という目標を達成することは出来ずに引退しました。それでも引退して数年たった今、関東大会出場という同じ目標を共有する仲間たちと直向きにアメフトに打ち込んできた経験を出来ただけで入部した意味があったと思っています。過去に戻れるとしたら、あの時OWLSに入部するという決断を下した自分を褒めてあげたいです。

滝井写真

そして大学でも、高校で残った悔いを晴らすべく日本一を目指してアメフトに打ち込んでいます。ここまで夢中になれるスポーツに出逢えた自分は幸せ者だと感じています。

高校に入学すると、目の前に沢山の選択肢が広がっていると思います。その選択肢の一つにアメフトを加えて欲しいと思っています。

滝井 陵介 2014年~2016年:都立西高。 2015年、春季関東大会出場、秋季関東大会ベスト8。 2018年~現在、東京大学。 (2021年現在)

メッセージのトップに戻る